診療のご案内

診療について

ながしま脳神経外科リハビリクリニックでは、診断に必要な検査はできるだけ受診された日に行うようにしており、検査結果の説明や治療方針のご相談も当日中にさせていただくよう心がけています。
※MRIやエコーなど各種検査は、診察を受けていただき必要に応じて行います。

診療時間

 
9:00~12:30  
15:00~18:30      
  • ※第3月曜日の午後診は、予約制にて社会医療法人ささき会 藍の都脳神経外科病院 佐々木庸理事長のボツリヌス治療特別外来を行っております。
  • ※毎週水曜日の午後診は、宮崎晃一脳神経外科医師による外来診察を行っております。
  • ※第2・第4火曜日の午後診は、予約制にて神経内科医による外来診療を行っております。

診療科目

脳神経外科・リハビリテーション科・神経内科

初めて受診される方

初めて受診される方は下記のものをご持参ください。

(1)健康保険証・医療証・介護保険証
必ず保険証をお持ちください。初めての方で保険証をお持ちでない場合は、全額自己負担となる場合があります。
特定疾患などの医療受給者証や市町村の福祉医療費の受給資格証をお持ちの方は、保険証と同様に確認させていただきますのでご持参ください。
(2)紹介状(診療情報提供書)・画像データまたはフィルム
現在通院中の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちの場合はご持参ください。
お持ちでなくとも診療は可能ですが、診療情報提供書などが必要と判断した場合にはこちらから情報提供の依頼させていただく場合がありますので予めご了承ください。
(3)処方されているお薬または「おくすり手帳」、「血圧手帳」
お薬を服用している方や血圧管理をされている方はお持ちください。

再診の方

  • 必ず診察券をお持ちください
  • 毎月初回の受診日に保険証を確認させていただきます
  • 保険証に変更がある場合や、記載事項に変更がある場合はお申し出ください
  • 特定疾患、障害者・ひとり親家庭などの市町村福祉医療助成の医療証を持ちの方は、保険証と一緒にご提示お願い致します

予約について

診療予約について

お待ちいただく時間をできるだけ短くするために、初診・再診の方でも診療予約を取らせていただいております。
受診をお考えの方は、診療時間内(9:00~12:30、15:00~18:30)にお電話にてお問い合わせください(電話番号:06-6210-6175)。

また、あらかじめ以下の診療申込票・問診票(あわせてMRI検査をご希望の場合はMRI検査前チェック票)をプリントアウトし必要事項をご記入いただいたものをご持参いただけましたらスムーズな受付が可能です。

MRI検査予約について

  • MRI検査は医師が診察した上で検査の必要性や検査内容を判断します。お電話でMRI検査のみのご予約は承れませんのでご了承ください。
  • 原則としてMRI検査は予約制です。ご予約の方を優先させていただきますので初診の方は待ち時間が長くなることがあります。予めご了承ください。
  • 既に検査のご予約をお持ちの方は、検査日の変更などはお電話で承ります。診療時間内(9:00~12:30、15:00~18:30)にお電話にてお問い合わせください(電話番号:06-6210-6175)。

医療機関からの診療・検査のご予約について

ながしま脳神経外科リハビリクリニックでは地域の先生方からのご紹介に対して円滑に対応させていただくためにお電話でのご予約を承っております。

診療の予約について

  1. 診療時間内(9:00~12:30、15:00~18:30)にお電話にてご希望の受診日時をお伝えください。その際、ご紹介いただくにあたっての症状や既往歴などを簡単にお伺いします。内容によっては診療情報提供書をFAXにてお送りいただくこともございます。
  2. お電話にてご予約日時をお伝えします。
  3. その後、ながしま脳神経外科リハビリクリニックより"診療予約票"をFAXにて送付させていただきます。診療予約票は患者様にお渡しいただき受診当日に当院まで持参いただけるようご案内ください。

当日持参いただくもの

  1. 診療予約票
  2. 健康保険証または各医療券、医療証、介護保険証など
  3. 紹介状(診療情報提供書)
  4. お薬手帳(お持ちの方のみ)
  5. 診察券(ながしま脳神経外科リハビリクリニックの診察券をお持ちの方のみ)画像CD-R、フィルムなど(お持ちの方のみ)

ご紹介、ご予約いただく際にご注意いただきたこと

ながしま脳神経外科リハビリクリニックは脳神経外科疾患の診断に主にMRI検査を実施しております。ペースメーカーなどMRI禁忌項目に該当される方はMRI検査を受けていただくことができず十分な診断ができない可能性がございます。

詳しくはこちら

ページ上部へ